七五三クラブ 七五三まめ知識 着物の種類について

着物の種類について

七五三で子供に着物を着せようしたとき、普段着慣れない着物だけに どんなものが必要か迷うものです。

単に着物といっても、3歳の女の子と7歳の女の子が着る着物でも違いがあります。

3歳の女の子の場合、「着物に被布コートを合わせる場合」と「着物に帯を合わせる場合」があります。

7歳の女の子の場合、「着物に帯を合わせる場合」と「着物に袴を合わせる場合」があります。

個別に揃えるのは、結構たいへんです。お店で用意されてるセットを利用すると便利です。

ただ、セットを利用する場合は、セットに含まれるものをきちっと確認する必要があります。

セットでも「紐」や「足袋」などは別に購入しないといけない場合もあります。

三歳女児

帯付き姿よりも簡単に着付ける事のできる「被布」という綿入れのコートを着るのが一般的です。三ツ身か四ツ身のきものに肩揚げ・腰揚げをして着せ、その上に被布を着ます。帯は三尺帯や扱き帯を簡単に蝶結びにすると、小さなお子様でも苦しくありません。刺繍衿を付けてあげても華やかです。

生地はきものと被布がお揃いになっているものでも、違うものを組み合わせてもOK。豪華な友禅染、可愛い刺繍入りや小紋柄などたくさんの種類があります。

五歳男児

正式には黒羽二重・五つ紋付きの羽織・長着に仙台平の袴姿ですが、最近では羽織に鷹や兜などの豪華な柄の入ったものから、ラメ入りの袴にカラフルな色の羽織など、個性的なものが多数あります。お祝いの日ですので、あまり奇抜になりすぎない、品格のある装いにしましょう。

七歳女児

振袖に帯付き姿が正式です。成人式と違う点は、肩揚げをして、衿元に入れる「筥迫」(江戸時代の化粧ポーチ)と帯の下に結ぶ「扱き帯」、末広(小さな扇子)が付くところです。縮緬や綸子の生地に、友禅染めや絞り模様など、大人のきものに負けないくらい豪華な晴れ着です。刺繍衿か白衿に重ね衿を付けると胸元がより華やかになります。

七歳になると、お嬢様も好きな色や柄を主張するようになります。お母様と二人でよく相談して、お気に入りのきものを選んであげましょう。

御両親

お父様はスーツにネクタイ、お母様は清楚なワンピースやスーツが一般的です。くれぐれも、主役のお子様よりも目立つような服装は避けて下さい。

せっかくの晴れの日ですから、お母様もきものを着てみてはいかがでしょう?その場合、訪問着や色無地、付け下げに袋帯姿がふさわしいですね。お子様のきものと色がかぶらないように注意!ちょっと控えめな色柄にしましょう。

条件を指定して写真館を探す
キーワード
取り扱い項目
都道府県を選択

ページの一番上に戻る