冬休みのダラダラ……どこまで?

もう子供達は冬休みですね。
筆者娘も終業式が終わり、もう既にダラダラモードに突入です。
冬休み中の子供たちの過ごし方が怖いですね。
寒いのと、日が早く沈むので家にいる時間が長くなります。
テレビを見たり、ゲームをしたりと想像が出来そうですが……。
皆様のお子様はいかがでしょうか?

ゲームをする子供

そこで今回はこちらのテーマです。

「冬休みのダラダラ……どこまで?」

冬休み、1年の中で一番短い休みですね。
ですが、色々とイベントも多いです!
これらのイベントによって短い割に生活習慣が乱れがちですよね。

お祝い図書カードがもらえる七五三写真のポータルサイト「七五三クラブ」

Xmasに、年末、お正月と何かと夜更かししやすい事が待っています。
Xmasにはプレゼントをもらうのでそれで遊び、
年末年始帰省される方は、ご親戚が集まるので夜遅くまで賑やかでしょう。
そして、お年玉ももらえるので、そのお金でゲームを買って夜中まで……とか、
なんだか色々な罠が待っていそうですね~(笑)。

プレゼント

とはいえ、年に一度の特別なイベント感もあり、
「早く寝なさい!夜更かし禁止~!」「冬休みだからってダラダラしない!」
と、ギスギス言っても可愛そうですし……。
皆様はお子様にどこまで許しますか?悩むところですね。

筆者も娘が小さいころはやはり夜更かしは体に良くないし……と思った事もありますが、
せっかくの楽しいイベントなので、
このイベントの時だけは目をつむって、12時までとしていました。
でも意外と子供はそんなに遅くまで起きていられないんですよね(笑)。

イベントで貰ったプレゼントや貰ったお年玉で自分で好きなものを買う!
これらの行動は結構興奮しますよね。
そして後から疲れも呼ぶみたいで、
イベントのご馳走を食べ、もらったプレゼントや買った物でちょっと遊んでいると、
お腹もいっぱい!プレゼントをもらった満足感!買った満足感!等々で、
疲れも出てきて段々とウトウトとしてきます。
そして一人寝始めるとつられて皆寝始めますよね。
なので、そんなにカリカリする事もなく、睡眠へ移行してくれますね。

ただ肝心なのは、この夜更かしは「イベントのみ!」と、
冬休み中ずっとではない事だけは言っておかないといけないですよね。
「ちゃんと生活リズムを戻して。」
「宿題もやって!」
「特別感はイベントだからいいのよ!」
と思わせましょう。

特にお子様がまだ小さいなら尚更ですよね。
そして段々と高学年になってきたら、
今度は中学生に向けて勉強も増えてくるので、
起きている訓練をしなくてはいけなくなるので
そこまで夜更かしを気にしなくてもよくなりますね。

短い冬休み、あっという間に過ぎます。
ダラダラさせていてはもったいないですよね。
来年の学年に向けて習い事を始めてみたり、
家にいるなら日頃たまっている部屋の片づけを一緒にしたり、
この時期にスポーツ、スキーやスケートに一緒に行って楽しんだり、
何かメリハリがある時間にしてあげるのもいいかもしれませんね。

一年の締めくくりのイベント、一年の始まりのイベント。
楽しく家族と過ごす時間にしてあげて、
楽しい冬休みをお過ごしくださいね。

七五三クラブ☆撮影プレゼントやってます!

お祝い図書カードがもらえる七五三写真のポータルサイト「七五三クラブ」