コンサート・LIVE・スポーツ……観戦デビューでの注意点

親子

こんにちは。運営スタッフです。
7月になりました!
そろそろ夏休みの予定も考えなくちゃ!と思う時期ですね。
夏休みに開催されるイベントも多く、野球やサッカーの試合観戦、
音楽イベントに参加してみたいと思われるご家庭も多いのではないでしょうか。
とはいえ、子供を連れていく場合、ルールやマナーが気になるところです。
そこで、今回のテーマは『コンサート・LIVE・スポーツ……観戦デビューでの注意点』です。
ぜひ、参考にしてみてくださいね。

サッカー観戦

◎意外と充実している!スタジアム施設

最近は、スタジアムでも親子で一緒に観戦できるファミリー席やファミリー割引があって、
子供連れでも観戦できるようになっています。
休日には、ファミリーやキッズ対象のイベントやサービスがあります。
例えば、ベビーカー専用置き場や託児所がある、授乳室やおむつがえシートが設置されている、
「ファミリー推奨エリア」と呼ばれる自由席が設けてあるスタジアムもあります。
最初からスタジアム側が「子連れでの観戦はNG!」という姿勢ではないので、
受け入れてもらえる安心感がありますね。

 

◎これはマナー違反!

子供を連れて行く場合、何歳から一緒に行くことができるのか、
子連れで行っても良いのかなど、気になりますよね。
スポーツ観戦や劇場では、ルールやマナーがあります。
事前に、必ず注意事項を確認してから行きましょうね。

・子供のチケット

大人一人につき、未就園児が一人無料になる場合が多いですね。
その場合は、お子さんは大人のひざの上に座って観戦することが条件となります。
年齢の大きいお子さんや、一人で座りたい場合には
小・中学生の料金を支払って、別にチケットを取りましょう。
よくあるのが、ひざの上で子供を観戦させるつもりでいたけれど、
隣の席が空いているから隣りに座らせること。
これはマナー違反です。
迷惑になるのでやめましょうね。

・荷物

子連れで出かけると、どうしても荷物が多くなりよね。
自分の席の近くといっても、通路や前後左右の他の方の席には荷物を置かないようにしましょう。

・退席

子供はじっとしていないし、走り回ったり、動き回ったりしますよね。
周りの方の迷惑になるので、注意してもやめないのであれば、速やかに退席するようにしましょう。

 

◎アーティストのライブ

近年は、アーティストのライブに子連れでやって来る親子の姿を見かけることが増えてきましたね。
中には、親子で気軽に参加できる音楽イベントやライブも企画されています。
とはいえ、

「コンサート会場で子どもが騒いでうるさかった」
「隣りの席の子どもがうろうろして気が散って、コンサートが楽しめなかった」

という声も聞かれます。
周りのお客様も、皆さんが子供好きというわけではありません。
やはり、周囲に迷惑をかけるようなら退席しましょう。

2015年、ロックバンドLUNA SEAは、大阪城ホール公演で託児所を設置したことが話題となりました。
ツアーでの託児所設置は、14年12月21日のさいたまスーパーアリーナ、
14年12月23日の横浜アリーナ公演に続いて3度目でした。
これにはファンからも賞賛の声が相次ぎました。

 

◎コンサート

ピアノコンサートでは、チケットやパンフレットに「未就学児NG」と記載されている場合が多いですね。
実際に、未就学児がコンサートの数時間もの間、じっと座って集中して音楽を聞くのは難しいですからね。
たとえ、就学年齢に達していても、
親の都合で音楽に興味のないお子さんを無理にコンサートに連れて行くのはおすすめできません。
退屈して飽きてしまったのに、長時間じっと座っていなければならないのは
お子さんにとってもかなりのストレスになります。

 

いかがでしたか。
お子さんにいろいろな体験をさせてあげたいからと、
スポーツ観戦や劇場へ足を運ぶことは素晴らしいことです。
しかし、周囲への配慮は絶対に必要です。
せっかくのお出かけが、悲しい思い出にならないように、
どんなイベントなら行けそうか、内容をよく把握して、
注意事項は事前にしっかりとチェックして臨みたいですね。

七五三クラブ☆撮影プレゼントやってます!