年末年始のご挨拶

こんにちは。
七五三クラブ運営スタッフです。
今年もあと少しになりましたね。
本年も大変お世話になりました。
今日で年内最後のブログ更新となります。

さて、年内最後の記事テーマは「年末年始のご挨拶」です。

冒頭でもう挨拶は済ませているじゃないかって?
違います。
年末年始には、実家に帰省したり、
普段は会う機会のない親戚の家を訪ねたり、
“ご挨拶”の機会が多くありますよね?
そんな時、お子さまはどうしていますか?
大人同士の会話を遮るように叫んだり、走り回ったりと、
「静かにしていなさい!」と言ってもきかないもの。
一方で、ご挨拶の仕方やお行儀などを学ばせる良い機会でもあります。
そこで今回は、年末年始のご挨拶での注意点や、
お子さま対策をまとめてみました。

お飾り

 

1、まずは挨拶をしっかりと!

お祝い図書カードがもらえる七五三写真のポータルサイト「七五三クラブ」

いくら子どもと言っても、幼稚園くらいになれば挨拶できますよね。
会って最初に「明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。」と、
親御さんにあわせてしっかり挨拶をさせましょう。
ここさえしっかりできれば、多少子どもが騒いだり暴れたりしても、
「子どもだから仕方ないよ」と思ってもらえますが、
挨拶もせずに他人の家でいきなり遊び始めたりすると、
印象が悪くなってしまいますよね。
何事も初めが肝心!第一印象が重要!です。
また、お子さまにお年玉をいただいた場合は、
お子さまの口からもしっかり「ありがとうございます」と伝えましょうね。

 

2、子供同士で遊ばせる!

親戚がたくさん集まってお子さまも大勢になると、
子供同士で遊んでくれるからとっても楽ですよね♪
危険なことをしていないかどうか、
怪我をしないかどうかだけ見ている必要がありますが、
小学校高学年くらいのお子さまがいれば大丈夫です。
どうしても困ったらちゃんと大人を呼びに来てくれますよ。

 

3、おもちゃ、お菓子……あの手この手

一番簡単なのはゲーム!ですよね。
DSかPSPを持たせておけば、勝手に遊んでいてくれます。
けれども、まだ小さい子にゲームはさせたくない、
食事の時にゲームをする癖を付けたくない、という方もいるでしょう。
そういう時はまず食事をさせ、お腹がいっぱいになったところで、
お子さまが一人で遊べるような道具があるといいですね。
ゲームもありですし、折り紙やぬり絵、絵本など、
お子さまが夢中になって時間をつぶせるものなら何でも良いと思います。
また、ある程度大きくなってくると(小学校高学年くらい?)、
大人の会話に参加したがる子もいます。
そういうお子さまには、「大人の話に入ってきちゃダメ」とは言わずに、
積極的にお子さまを会話に加えてあげましょう。
いつもは話さない年代の人と、普段は話さない話題について話すことは、
お子さまにとっても滅多にない体験で、学べることもたくさんあると思います。

 

4、長距離移動の時は?

お子さま連れでの帰省で一番気が重いのは、
なんといっても長距離移動ですよね。
車なら他の人に迷惑をかけることはありませんが、
大渋滞に加えてお子さまの機嫌が悪いとなれば、
親の方もストレスが溜まります。
新幹線でも、周りの方に迷惑をかけるのは心苦しいですよね。
言葉が通じる年齢であれば、具体的に何が辛いのかを確認した上で、
解消できることは解消してあげましょう。
例えば、暑い・寒い・お腹がすいた・トイレなどなら、
事前の準備とスケジュールに余裕を持つことである程度は解決できます。
飛行機の場合、よくあるのは「耳抜きができない」ことですね。
乳児なら授乳やおしゃぶり、
幼児には飴をなめさせると良いと言います。
試してみてください。
どうしても解消できないことは、
「◯時まで我慢してね」
「向こうに着いたらお菓子あげるね」
などと伝え、頑張ってもらうように伝えましょう。
また、ここでもゲームやスマホの動画などは有効ですね。

というわけで今回は、年末年始のご挨拶について考えてみました。
余り長くないのにやることは山積みの年末年始ですが、
お子さまにとっても日本の風習を感じてもらえるチャンスです。
親子で良いお年を迎えられると良いですね。

来年も七五三クラブをよろしくお願い致します。

七五三クラブ☆撮影プレゼントやってます!

お祝い図書カードがもらえる七五三写真のポータルサイト「七五三クラブ」