七五三クラブ 神社

晴れ着を着て神社へお宮参り

七五三は神社にお宮参りをしてお祝いをするのが日本の一般的な風習です。

お住まいの近くにある神社、お宮参りはどうやってすればいいの?と、いった七五三と縁が深い神社の情報をお届け。

神社(じんじゃ・かむやしろ)とは、神道の信仰に基づき作られた、恒設の祭祀施設。一方で神社によっては式年遷宮の習わしがあり(代表例は伊勢神宮)、必ずしも同じ社が恒設される物ではない。

古くは社殿がなくとも「神社」とした。山、滝、岩、森、巨木など多く自然を畏れ「カミ」(=信仰対象、神)とみなしたのである。すなわち現在の社殿を伴う「神社」は、これら神々が祭祀時に御神体から移し祀られた祭殿があって、これが常設化した物だと考えられている。教会や寺院といった礼拝堂や説法・布教する場とは趣が異なるのが特色である。

神社の周りには鎮守の杜と呼ばれる森林があるのが一般的である(都市部などでないこともある)。御神木といわれる名木には、注連縄を結ばれているものもある。神社の入口には、境内と俗界の境界を示す鳥居があり、社殿まで参道が通じる。参道のそばには身を清めるための手水舎(手洗所)、神社を管理する社務所などがある。大きな神社では神池や神橋がある場合もある。

産土神(うぶすながみ)は産まれた土地の神のことであり、その者を一生守護すると考えられた。かつては、生まれてから死ぬまで一定の土地に住むことが多く、ほとんどの人にとって産土神と鎮守は同じ神であった。また、上記の過程によって氏神は鎮守と同一視されるようになった。

この氏神信仰は七五三などで見ることが出来るが、子供のお宮参りの本来はこの氏神にお参りして、その土地の一員になることを認めてもらうための儀式の一つだった。

お近くの神社情報は現在準備中です。

条件を指定して写真館を探す
キーワード
取り扱い項目
都道府県を選択
Yahoo!ブックマークに登録

ページの一番上に戻る